ケンタッキー バイト 評判

ケンタッキーのバイトの評判は…

スポンサードリンク

ケンタッキーのバイトの評判を見てみると、働いてよかったという口コミがけっこう多いです。

 

特に多いのが、「ケンタッキーのバイトで接客に慣れて人見知りを克服できた」、または「知らない人と接するのに抵抗感がなくなった」という評判です。

 

また、レジに立つことで、敬語を覚えることができ、就活でも役に立ったり、自分に自信が持てるようになったりしたという評判も多いです。

 

また、ケンタッキーでは1年の中でクリスマスの季節が一番大変で、予約の電話がどんどんかかってきたり、たくさんチキンを揚げたりしてへとへとになるけれども、その分達成感も大きいと評判です。

 

自分たちが作ったり提供したケンタッキーのチキンがクリスマスの食卓に並んで、お客様に喜んで食べていただいていると思うだけでバイトしていてよかったと思う人も多いようです。

 

このように、厳しいことも多いけれど、接客が上手になり、お客様においしく商品を食べていただいているという喜びが多い職場というのがケンタッキーで働くバイトたちの評判です。

 

スポンサードリンク

 

ケンタッキーのバイトは、どんなときに「きつい」と感じるのか

ケンタッキーのバイトでは、他の飲食店と同様きつい、厳しいと感じることが多いです。

 

中でもきついと思うのは、パックミス、つまり注文した商品がちゃんと入っていないという間違いです。

 

ミスが起こるとお客様からクレームの電話がかかり、原因の特定が始まります。

 

もちろん原因が特定できないことも多々あるのですが、職場に嫌な空気が流れてしまいますし、すごく緊張します。

 

特に忙しい時間帯では、次々とやることが出てくるので、毎回ちゃんと箱を開けて確認する時間さえない状態なのです。

 

ですから、ケンタッキーのバイトでパックする時は、後で一つ一つ箱を開けてチェックしなくて済むように、確認しながらパッキングをしていますが、それさえ忙しいときついと感じます。

 

特にケンタッキーのバイトが忙しいのは、11時から2時のお昼時と、17時から20時の夕食時です。

 

けれど、このような厳しくきつい仕事を通して、同時にいろんなことを考えて効率よく動ける応用力を身に着けられるので、悪いことばかりではありません。

 

スポンサードリンク