ケンタッキー バイト クリスマス

ケンタッキーのバイトにとってクリスマスは、まるでお祭りのよう?

スポンサードリンク

ケンタッキーにとって、クリスマス期間は一年で一番のかき入れ時。

 

世の中がお祭り騒ぎ一色の中、バイトにとってお店は戦場のようになります。

 

12月22日から25日まではバイトも異例の増員シフトになるので、ケンタッキーのバイトをするならクリスマス期間は最大限の勤務が求められることを覚悟した方がよさそうです

 

カウンター業務は細分化され、予約の受付、予約なしの人のオーダー、パック詰め、会計等に配置されます。

 

注文の嵐とピリピリとした雰囲気の中、ミスが重なったり待ちくたびれたお客さんからのクレームも増えるので、バイトは息つく暇もないかもしれません。

 

キッチンも、普段よりさらに仕事量がアップしてスピードが求められるため、火傷などのトラブルが続出なんてこともあるようです。

 

ただし、大変ではあるものの終わってみればお祭り。

 

ケンタッキーの「超」がつくクリスマスの忙しさと高揚感がクセになる人も少なくないようです。

 

スポンサードリンク

 

ケンタッキーのバイトにとってチキンの部位を覚えるのは最初の難関

ケンタッキーのバイトは、接客担当、調理担当に関わらずチキンに部位について形、大きさも含め詳しく覚えることが必須。

 

バイトの最初の難関でもあります。

 

チキンは、一羽が9ピースにカットされていて、ウィング、リブ、サイ、ドラムの5つの部位に分類されます。

 

バイトで働き始めたら、ピースを一目見ただけでどの部位のものかがわかる必要がありますし、お客さんから部位の説明を求められた時には、きちんと対応することが求められます。

 

また、注文数に応じて同じ部位が偏らないようにパックするので、その組み合わせについてもケンタッキーのマニュアルに沿って頭に入れておくことが重要です。

 

また、ケンタッキーでは、チキンの部位について、基本的に店側が組み合わせを決めますが、お客さんから要望があれば応えられる場合もあるとしています。

 

お客さんから「この部位を入れてほしい」といった要望があったら、キッチンと連絡を取りながら臨機応変に対処することになります。

 

スポンサードリンク