ケンタッキー バイト クビ

ケンタッキーのバイトをクビになるのはどういう時?

スポンサードリンク

ケンタッキーのバイトでよくクビになる事例としてあげられるのは、バイト中のつまみ食いと遅刻です。

 

バイトの終了時間近くになると、気持ちが緩んでつい商品をつまみ食いしてしまう人がいます。

 

これが社員や店長にばれると当然クビになります。

 

ケンタッキーではいつも丁度良い人数でシフトを組んでいますので、バイトの一人が遅刻をすると他のセクションにも迷惑がかかるようになってしまいます。

 

注意を受けても遅刻がたび重なる状態だと、クビを言い渡されてしまうことがあります。

 

ケンタッキーでは初めに提示されたハウスルールに則って、正しい勤務態度を求められます。

 

一生懸命、真面目に取り組んでいれば一方的にクビになってしまうことはありません。

 

社会の一員としてしっかり働けば問題になることはありません。

 

スポンサードリンク

 

ケンタッキーのバイトは幅広い年齢層が働いています

ケンタッキーのバイトは中学生を除く15歳以上の人ならば応募できるようになっています。

 

年齢層は幅広く、高校生、大学生から主婦、シニア世代まで沢山の人が楽しくバイトしています。

 

ケンタッキーのバイトは時間帯によって働いている年齢層が若干異なります。

 

オープンから昼過ぎにかけては主婦やシニア層のバイトが多く、学校が終わる午後から夜間にかけては高校生や大学生のバイトが増えます。

 

シフトに入ってみると同じような年齢層のバイトと仲良くなることができます。

 

高校生や大学生は違う学校の友達も増えます。

 

主婦やシニアは子供や孫関連ではない友達が増えます。

 

もちろん、違う年齢層のバイトと組むこともあり、新しい感覚を身につけていくことができるようにもなります。

 

ケンタッキーでは社員も含め、スタッフみんなが仲良くしていこうという風潮がありますので、それに溶け込もうと努力することで楽しく働いていくことができます。

 

スポンサードリンク